head_img

お問合せはコチラ。オペ―レーターが対応いたします。
TEL. 03-5860-4164
電話対応時間 9:00~18:00

夫婦でマネープランニングを話し合いたい方へ


ファイナンシャルプランナー國松典子と申します。25年以上のFPとして多くのご夫婦のお金のご相談に対応してまいりました。「夫婦でお金の話をしづらい」「将来のお金の話をどのように話せはいいのかわからない」等、なかなか夫婦で「お金」について話し合うことが難しいということは多くのご夫婦の悩みです。当人同士の話し合いは、どちらか一方の言い分は相手の言い分とは逆の立場になることもあります。そこに中立公平なお金の専門家である第三者が入ることで話し合いがスムーズに運ぶことがあります。
当事務所ではご夫婦のそれぞれの考え方をうまく取り入れるためにカウンセラーとして対応いたします。お二人が反映され納得のいくマネープランニングの構築のお手伝いをさせていただきます。

最新情報


貯蓄や収入、将来のこと~今、話しておきたい「夫婦のお金」~



家計のやりくり・マネープランニングのご相談
将来のマネープランを考えたい、という方
将来のための貯金、保険、資産運用について、悩んでいる方
親身になってライフプランシをアドバイスしてくれる人が必要と感じる方
今までお金のことについて考えてこなかったので意識を意識を変えるきっかけが欲しい、という方 


住宅購入・住宅ローンのご相談
住宅購入を決めたが、本当に購入して大丈夫かプロに聞きたいという方
住宅購入にあたり住宅ローンについて、払って行けるのか?と心配な方
いま不動産屋さんに出してもらっている住宅ローンでよいの?
住宅購入を検討しているが、どのくらいの価格の物件なら自分の収入で無理なく買えるかが分からない、という方


資産形成・貯蓄のための仕組みづくりのご相談
お金が貯まらない、つい使ってしまう、老後や将来がこのままでやっていけるのか不安、という方
これからどのように貯金をしていけばよいか、悩んでいる方
これから老後資金をどうやって貯めるか、悩んでいるかた
お金が貯まらない、つい使ってしまう、老後や将来がこのままでやっていけるのか不安、という方


保険はどこがいいとか、自分たちに合ったものが分からないわからないという方
勧められている保険商品について、第三者の意見を聞きたい方
保険はどこがいいとか、自分たちに合ったものが分からないわからない、という方
ムダな保険があると思うが、どれを減らしたらよいのか判断が難しいと感じている方


ページトップに戻る

くにまつFPマネー相談室の3つの特徴

経験と実績のある個別相談専門のFP事務所

当事務所の代表FP國松 はFP歴25年以上、FP国家資格の他多数の資格実務経験を有しています。これまでに3000組以上のご相談をお受けしてまいりました。FPとしての活動の中心は、個別相談です。ご相談を受けていく中で相談者様を通して培われた机上の空論ではない知識や知恵が、多数のテレビ出演や、新聞・雑誌などの掲載され、また企業や団体からのセミナー講師の依頼等、多岐にわたるフィールドで活躍させていただいております。

相談のきっかけが口コミ・評判・友人のすすめ

ホームページをご覧いただいて初めてご相談される方も多数いらっしゃいます。また、一度ご相談を受けられた方より、ご友人、ご家族、お知り合いの方にご紹介をしてくださっていらっしゃるようです。また実際にご相談を受けられた方のアンケート「ご相談者様の声」をご覧いただいて、ホームページからお申込みいただく方もいらっしゃいます。

相談者様のニーズと専門性がマッチ

ご相談者様が抱えていらっしゃるお悩みや相談内容をピンポイントで見るだけでなく、あらゆる視点で全体像から焦点をあてて全体的に幅広く視点でカウンセリングさせていただいております。また数値や具体的なイメージを抱けるような表現を工夫させていただいております。女性お一人、ご夫婦はもとより、ドクター・経営者の方々のご相談も多く承っております。

ご相談者様の声

これまでに相談を受けられたお客様から多くの喜びの声をいただいております。 こちらからご覧いただくことができます→お客様の声


お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号03-5860-4164 icon メールでのお問い合わせ
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

ページトップに戻る