取材・番組出演に関する お問い合わせ先
TEL. 03-5860-4164
お問い合わせフォーム(24時間対応)
お急ぎの場合: 070-5027-2384
ご相談予約フォーム(24時間対応)

HOME > 家計見直し相談・家計改善相談
head_img

このようなご相談にお応えします

家計やりくり お金を貯めたのにストレスに負けて使ってしまうという方
今までお金のことについて考えてこなかったので意識を意識を変えるきっかけが欲しい、という方
どの部分で節約するか、夫や妻のこれまでのお小遣い・家計費はどのように変えていくべきか、悩んでいる方
将来のマネープランを考えたい、という方
現在、年金生活のため、今後の生活設計をどのようにしたらよいか?と考えている方
老後資金を積立てたい、どんな風にしたらいいの?
家計簿のやりくりができず、資金運営もどうしてよいかわからない、という方
子どもがいるので、将来を見据えて計画を立てたい、という方

夫(妻)が転職後の家計のやりくりについて、悩んでいる方
お金の使い方について、悩んでいる方
プライベートに関して考えることが少なかったので対策を立てられない、と感じている方
お金が貯まらない、つい使ってしまう、老後や将来がこのままでやっていけるのか不安、という方
私一人での給与で二人分の生活費をまかなえるかどうか、心配な方
将来のための貯金、保険、資産運用について、悩んでいる方
年金受取額と給料の配分(妻との合計額)をどのようにするのがよいか、と悩んでいる方
老後の資金について、子供の結婚資金、自宅売却で得た資金、年金受給の仕方について、お悩みの方
親身になってライフプランシをアドバイスしてくれる人が必要と感じる方
転職、転居、子供のかかる費用の計画をしたい、という方
今後の資金をどう考えたらよいかわかならい、という方
借金体質からの脱却をしたい、という方
結婚して1年、子供を含めて将来を色々考えるようになったものの、マネープランを見通すきっかけを見つけたい、という方
結婚を機に、マネープランの必要性を感じてはいたが、具体的な悪書をとれていないという方
お金のマネージメント、貯蓄方法についての知識が全くなかったので、相談をしたいと考えている方
将来的なお金の貯め方、使い方、残し方について、考えたいという方
家計のバランスや保険に悩んでおり、ライフプランも作成したい方
主人の収入が月によって変動することで、今後の家計を見直す必要があると考えている方
夫婦二人で相談してもベストな答えがかわらない、という方
家族で出かける際のお金の使い方、引き出す場所について悩んでいる方
誰かに相談したいが、一般個人がプロに相談するほどの事なのか?してもいいのか?と思っている方
漠然と色々(出産育児、年金など)不安はあったが今困っているわかではないと特に動こうとしなかったが、それじゃだめたと思っている方
結婚後の家計、保険のやりくりについて、考えたいという方
自分が現在アルバイトのため、これから先家計のやりくりがやっていけるか不安、という方
これから何にどれくらいお金がかかるのか、といったことが全く分からないという方
産休中に復帰以外の道はないかと悩んて悩んている方
月々どのくらいお金があれば生活していけるのか、養育費、将来に備えられるのか、漠然としていて客観的な判断材料が欲しいと思っている方
結婚後の行き方・働き方について悩んている方
いざという時に必要なお金がどれくらい必要か、知りたい方

新婚生活で、どのようにやりくりすればよいか、今のやりくりで大丈夫か、悩んでいる方
貯金ゼロからのスタートで、将来的に生活していけるのか、知りたい方
結婚後、職場が遠くなってしまったので今後は転職した方がよいのかどうか、悩んでいる方
子供ができたら、どう転職・再就職を考えていけばよいのか悩んでいる方

家計の見直しうムリなく行う方法!

家計が上手く回らない、もしくはキツイという方が、家計の見直しをムリなく行なう方法はあるのでしょうか?
お金の流れには大きく分けて2つ
”収入””支出”がありますその支出も2つにわけることができます。毎月々ほぼ決まった金額が引き落とされていく”固定費”支出と、月によって金額が変わってくる”変動費”支出とがあります。

みなさん、家計を節約しようとする時に、まずは手をつけやすい”変動費”支出を抑えることから始めます。
変動費支出の節約というのは、続けることが難しくストレスを貯めやすい支出です。一方、毎月々ほぼ決まった金額が、つまり水光熱費や保険料・住宅ローンなど毎月ほぼ一定額が引き落とされていく
”固定費”支出は見直しをするのは、専門的な知識や労力を伴うためなかなか手をつけずらいのですが、この固定費支出項目の見直しが、家計の見直しにはもっとも効率を上げることができるのです。
特に保険や住宅ローンなどは、無自覚のまま銀行通帳などから引き落とされているため、これらの見直しをして金額節約することは、お小遣いを節約するよりもストレスを伴わずにできるムリなくできる節約といえます。
そこでくにまつのりこFP事務所では、保険の見直しと住宅ローンの見直しをおこうなうことによって家計全体のバランスを整えていくサポートをさせていただいております。
そして、次のステップとして、保険と住宅ローンの見直しによってできた余剰資金を住宅ローンの繰上返済のための資金、教育資金や老後の生活資金への積立へと循環させていくことを目的としています。
 この月々の効果は10年、20年という期間になると
数百万円もの差になります。
さあ、あなたの家計も今以上に何ができるか、ファイナンシャルプランナーとともに見つけていきましょう。

お客様の声(マネーカウンセリング体験談)

これまでに相談を受けられたお客様からいただいた体験談・喜びの声です。
他にも多く頂いています。こちらからご覧いただくことができます→お客様の声


他にも多くの喜びの声をいただいています→お客様の声

ご相談メニュー


”お金”や”これから”の事、ひとりで悩まずご相談ください

ファイナンシャルプランナー國松典子です。数あるホームページの中から見つけて下さってありがとうございます。1995年より20年にわたり日本FP協会上級資格CFP(R)・上級国家資格の1級ファイナンシャル・プランニング技能士として、多くのご相談に対応してまいりました。長年の相談実績より多くのお喜びの声をいただいております。また、メディア出演、マスコミ掲載いただく機会に恵まれて活動させていただいています。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、顧客のライフプランに合わせて、金融・保険・住宅ローン・税金など、お金のことに関して幅広い知識を持ってお客様にアドバイスをする職業です。最近では、新聞・雑誌・TVなどメディアを通して、FPの存在は少しづつ世間一般で認知されるようになってきたように感じますがまだまだよくご存知ない方も多く、特にFP相談を利用率はまだまだ低いように思います。ファイナンシャルプランナー(FP)という職業自体はアメリカで発祥し、弁護士・医師と同様の位置づけで各家庭に必要なかかりつけ医としてFPは役割を果たしています。そのため「お金のホームドクター」と紹介されます。ファイナンシャルプランナー(FP)によって、お客様の立場に立って中立公平なアドバイスを受けられるFP相談をまだまだご利用されたことのある方も少なく、できるだけ多くの方にFP相談を利用していただけるようFPの一人として普及に努めています。特に、当事務所ではご相談者様の気持ちに寄り添ったマネーカウンセリングを行っております。→FP有料相談をご利用されたお客様の喜びの声の数々はこちら

お客様に選ばれる3つのポイント

当事務所の代表FP國松 は上級FP歴20年目、FPの国家資格の他多数の資格実務経験を有しています。またその活動が認められ、テレビやラジオへの出演や、新聞・雑誌などの掲載、各社セミナー講師を務める等多岐にわたるフィールドで活躍させていただいております。


ホームページをご覧いただいてご相談された方がその後、ご友人、ご家族、お知り合いの方にご紹介をしてくださっていらっしゃるようです。ありがたいことです。
また子育て経験とワーキングマザーの経験や視点を参考にしてくださるご相談者様も多くいらっしゃいます。


ご相談者様が抱えていらっしゃるお悩みや相談内容をピンポイントで見るだけでなく、あらゆる視点で全体像から焦点をあてて全体的に幅広く視点でカウンセリングさせていただいております。また数値や具体的なイメージを抱けるような表現を工夫させていただいております。男性女性問わずご夫婦はもとより、経営者の方々のご相談も多く承っております。

お問合せ・ご予約はコチラへ!

icon 電話番号03-5860-4164 
icon お急ぎの場合: 070-5027-2384
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
メールでのお問い合わせ
 ホームページからのご予約


ページトップに戻る